不動産高く売りたい.com

急ぎ売却のご相談は
こちらへ

1級ファイナンシャル・プランニング技能士(FP)
宅地建物取引士
岩峪 紗也香Sayaka Iwasako

  • 平成22年1級ファイナンシャル・プランニング技能士試験合格。平成26年宅地建物取引士登録。
    都市銀行にて資金運用アドバイザーとして、預金業務のほか、生保、投資商品販売及び住宅ローン、遺言信託などの個人リテール業務を幅広く担当。
    お客様に寄り添い、最適なソリューションで、ご満足のいく不動産売却ができますよう尽力させていただきます。

    閉じる

様々な理由により資産や
不動産を売却しなくては
ならないケースも
多数ご相談頂きます。

「ローンの支払が困難になったり遅延や督促状が来た」
「離婚や相続で期限が無くなってしまった」
「会社資金繰りで急いで現金化」


しかし不動産業者にとっては好都合の仕事です。
安くても早く売る事」を目的にしている顧客に対しては儲けの利幅が大きいのです。
大切なことですが まずコンサルタントにご相談から始めてください。
実際には急ぎで売却しなくてもよい内容をご自身で急ぎと思いこんだり、遅延による督促状により競売にかけられてしまうのではとパニックになってしまいます。
ご事情を伺えれば 
本当のところはどうなるのか」「切り抜ける良い作戦は無いか
等を専門のコンサルタントが方向性についてご回答対します。
大半はまだまだ十分に時間があるご相談もあります。
必要であればコンサルタントが変わって交渉に当たる場合もございます。
まずは「現状把握と対策」を最優先してご対応致します。

  • ローンの返済遅延や
    督促状到達の場合
    金融機関も鬼ではありません。専門家の助言や実現可能なリスケジュールの計画案債務の売却計画により競売にする必要が無いと判断される場合があります。金融機関は元金と損害金を回収できれば競売等には持ち込みたくないのが本音です。しかし一般の方の「返します」「何とかします」では裏付けが取れず担当者も本部に稟議書が書けないのです。
    元銀行員のコンサルタントが状況を伺い、金融機関との間に入り交渉を致します。
    まずはご相談をお勧めします。

    詳しく閉じる

  • 相続や離婚で
    期限が無い場合
    相続に関しては多くの方が期限内に納税できないケースがあります。
    相続で大切なことは、「生前対策」「不動産を高く売る」です。たとえ期限に間に合わなくとも高く売却する事や節税対策、2次相続対策で結果的に良かったと言っていただけるご相談者も多数いらっしゃいます。一般的な税理士の先生は法人や企業の税務をご担当していますので生前対策や個人の節税対策には不向きです。資産税専門の税理士コンサルタントにご相談ください。売却時期や方法により多くの節税の手段もありますし、売却後の納税額を算出して頂きご納得の上ご売却をお勧めします。まずは資産税専門の税理士コンサルタントにお気軽にご相談ください。
    離婚問題でご自宅を処分される方も多くご相談頂いています。双方にとっても少しでも将来の為に多く金額を残す事の方が1か月2か月早くする事より大切な場合があります。
    弁護士のコンサルにご相談してください。場合により双方の間に入り良き解決になる場合もございます。お気軽にご相談をください。

    詳しく閉じる

  • 会社資産の売却
    せっかく築いた会社資産も時には売却し資金に充てる必要があると思います。
    その場合注意して頂きたいのは 金融機関の紹介による不動産売却です。
    貸し手として追加融資などの条件でグループの不動産子会社に売却するように進めます。会社の経営が良ければ当然に強気で交渉に臨めたり他の売却先と交渉して高値売却の比較ができますが、会社の体力が無い場合は金融機関のいう事を聞きやすいのです。
    「将来の融資の為」「つなぎ資金を断られてしまう」など様々な事情が加味します。
    売却は隠密に遂行し高値売却先を探してから金融機関と交渉する事が望ましいでしょう。
    弊社には元銀行員のコンサルタントも在籍しています。まずはご相談からお勧めします。

    詳しく閉じる

「不動産をもっと高く売りたい方」はコチラ

  • 「不動産売却計画書」依頼フォーム
  • 無料相談フォーム